ムダ毛はマイナスイメージにつながりやすい、その理由

ムダ毛はマイナスイメージにつながりやすい、その理由
人間は全身を体毛に覆われています。
手のひらや足の裏など、特定の部位は例外ですが、基本的には体毛によって皮膚は守られているものです。
ただし、一般的にはあまり体毛が目立たないと思われる部位、肩や首、背中などにまで目立つ体毛が広がっていると、「野性的」「不衛生」などのマイナスイメージにつながりかねません。
特に女性についてはこの傾向が顕著ですが、思春期前後から体毛は深刻なコンプレックスの原因になりがちです。
若いころから体毛を気にしていた人は過剰なセルフケアで肌荒れを引き起こし、別のコンプレックスを重ねて抱え込むケースが少なくありません。

ムダ毛のセルフケアにはリスクがある

ムダ毛のセルフケアにはリスクがある
ムダ毛の処理方法は「カミソリ」「毛抜き」「除毛クリーム」などが主な種類です。
「ブラジリアンワックス」など、海外で編み出された方法を選ぶ方もいらっしゃるかもしれませんね。
いずれにしろ、ムダ毛の自己処理には肌を傷つけたり、過剰な刺激を与えたりするリスクが伴います。
同じ処理を繰り返すことで肌へのダメージは蓄積し、気付いた時には取り返しがつかないほど色素が沈着していたという声も上がっています。
あるいは、肌がぶつぶつになってしまった。毛穴が広がってしまった。
毛穴に炎症が起きてしまったなどのトラブルも頻発しているようです。

ムダ毛を気にしている人は男女共に少なくありません。
その大部分が過去にセルフケアによるトラブルを体験しているのだとか。トラブルは起こる前に防ぐ意識を持つようにしましょう。
限りなくリスクを抑え、ムダ毛処理の手間を減らす方法として、当院は医療脱毛をご提案します。


ご相談、ご予約はお電話にて専門カウンセラーが対応させていただきます。(9:30~18:00)

tel