男性脱毛9-1
 
カミソリ負けのトラブルに悩まされている人はいませんか。
男性の場合には髭剃りをしていることで、顔のカミソリ負けが起こってしまいがちです。
顔以外の腕や足のカミソリ負けであれば、隠せるので何とかカバーもできますが、顔のカミソリ負けは、どうしても目立ってしまうことも…また、顔は皮膚が薄くカミソリ負けしやすいところでもあります。
 

カミソリ負けを放置していませんか

改めてですが、カミソリ負けとは、カミソリなどでの摩擦によって起こる肌の炎症です。
具体的な症状には、皮膚のかゆみ、痛み、赤み、出血などを引き起こします。
あまり触ってしまうのは良くないと思い、そのままカミソリ負けが治るのを待っている、放置している人はいますか?
まだ経験がなくとも、カミソリ負けしたところからはニキビにも似ている毛嚢炎になってしまったり、細菌が入ってしまう可能性があります。
 

カミソリ負けになりやすい肌に

敏感肌の人はカミソリ負けになりやすい傾向でありますが、そのほかにも衛生面やケアに気を配らずにやっつけ仕事のようにカミソリで剃っていること、生活リズムが乱れているときやストレスがたまっていることで免疫力が下がり、カミソリ負けしやすい肌になっていることも考えられます。
何度も繰り返す、カミソリ負けを経験している人には医療脱毛で、カミソリ負けをしない肌にしませんか。


ご相談、ご予約はお電話にて専門カウンセラーが対応させていただきます。(9:30~18:00)

tel