毎日のヒゲ処理の煩わしさから開放されるためには、ヒゲ脱毛が最も有効だと言われています。
しかし、ヒゲ脱毛は痛みが強いことから施術を諦める男性も多いです。
そこで今回は、ヒゲ脱毛の痛みがどの程度のものなのか検証していきます。
さらに、痛みを抑えたおすすめの脱毛方法についても併せてご紹介しましょう。

ヒゲ脱毛の痛みは脱毛法によって様々

ヒゲ脱毛の痛みは脱毛法によって様々
ヒゲ脱毛にはレーザー脱毛やフラッシュ脱毛、ニードル脱毛など複数の脱毛方法があり、施術方法によって痛みの強さが異なります。
フラッシュやレーザーは脱毛箇所に光を照射して、ヒゲを生成する毛母細胞にダメージを与える脱毛法です。
照射時は輪ゴムで弾かれたような痛みがあり、レーザーの方は照射出力が高いため、より強い痛みを感じることでしょう。
一方、ニードル脱毛はこの2つの脱毛法よりさらに痛みが強いと言われています。
毛穴一つひとつに専用針を刺し、高周波な熱と電流を流し毛根を破壊させます。
他の脱毛法より脱毛効果が高い分、痛みも倍増します。

ヒゲ脱毛は麻酔を使うべき?

痛みに弱い人はヒゲ脱毛をする際、麻酔を使用することができます。
もちろん、麻酔なしでプラン契約をすることもできますが、痛みに耐え切れず途中で麻酔を利用する方もいらっしゃいます。
ヒゲ脱毛を行っているほとんどのクリニックでは、実際の施術に備えてテスト照射を行っています。
その際、麻酔をしなくても痛みに耐えられるかどうか判断できるので、耐えられないようであれば麻酔を使ったヒゲ脱毛を検討するようにしましょう。

痛みを軽減した脱毛機を導入しているクリニック

ヒゲ脱毛の痛みは、麻酔によって痛みを感じることなく施術できます。
しかし、最近は痛みを抑えた最新脱毛機でヒゲ脱毛を行っているクリニックが増えてきました。
ヒゲ脱毛は照射部位によって痛みの感じ方が違いますが、痛みの強い鼻の下や口周りでもほとんど痛みを感じることなく施術できるでしょう。
麻酔で痛みを軽減させるよりも、最初から痛みを感じることなくヒゲ脱毛を行うことができます。

無駄なヒゲを永久的につるつるにさせるヒゲ脱毛は、気軽に脱毛できるという観点から、最も取り入れられているメンズ脱毛です。
千葉にもメンズ脱毛クリニックが多数ありますが、ヒゲ脱毛の需要は高まっています。
痛みなどのリスクはあるものの、脱毛効果や技術者のレベルに満足している人が多く、身近な永久脱毛として取り入れられているのです。
ヒゲ脱毛をしたいと検討されている方は、脱毛クリニックの無料カウンセリングを活用してみましょう。