ムダ毛と「髪の毛」「髭」の違い

ムダ毛と「髪の毛」「髭」の違い
皮膚は身体の最も外側を包み込み、雑菌などの感染を防いでいます。
体毛は皮膚が変化して成長したものです。皮膚の一部だと認識していただくといいでしょう。
頭髪、髭、眉毛、まつげ、そしてその他の体毛は、それぞれ長さや太さが異なりますよね。頭髪や髭はある程度の間成長し続けるように、眉毛やまつげはそれ以上長くならないように、それぞれの毛根に指令が組み込まれているからです。
長く伸びるのが当然の部位であれば、体毛は太く長いほど健康なイメージを与えます。
それが頭髪です。男性では髭も頭髪の延長のようなものですから、つやつやと整った髭も力強さを感じさせるポイントになります。

ムダ毛は「目立たないはずの体毛」だから目を引くのかも?

ムダ毛は「目立たないはずの体毛」だから目を引くのかも
ムダ毛は「髪の毛」や「髭」とは異なり、ある程度の長さ以上には成長しない仕組みになっています。
人類は進化の過程で体毛が退化してきたと考えられており、ムダ毛が濃ければ濃いほど野性的かつ原始的な印象となるのはそのためなのかもしれません。

社会生活を営む人々にとって外見は非常に重要なファクターです。
人より濃いムダ毛は周囲に溶け込む障害になる可能性もあります。
もちろん人の優劣は外見だけで決まるものではありませんが、少なくともファーストインプレッションは見た目が唯一の手掛かりです。
競争社会のなかでより早く有利な立場を得たいと考えている方は、ムダ毛のケアについても真剣に考えることをおすすめします。


ご相談、ご予約はお電話にて専門カウンセラーが対応させていただきます。(9:30~18:00)

tel