ムダ毛を気にする男性の「男心」

ムダ毛を気にする男性の「男心」なのか?
 
髪の毛やまつげ、まゆげは新生児の時点で基本的に備わっているものです。
「生まれたばかりの時点では頭髪は産毛のような状態だった」というケースも少なくありませんが、発毛に障害さえなければ成長するにつれて産毛が太くなり、色素も濃くなっていくもの。
黒く豊かな髪の毛は男女ともに「若々しさ」の象徴でもありますよね。
しかし、身体が成熟してから生え始めるわき毛などの体毛についてはあまり歓迎されていません。女性からはもちろん、男性からも嫌われがちです。
 

体毛がコンプレックスになる理由

体毛がコンプレックスになる理由とは
男性にも個体差があるものです。体毛の「濃い」「薄い」はひとそれぞれ。他人と比較して「自分は体毛が濃い」と悩む男性もいるのです。
日本人は世界的に見ても高度に衛生観念が発達しています。外見はひととなりを判断する重要な要素であり、体毛が服の袖などから覗いていたりすると、それだけで周囲から敬遠される可能性もあるほどなのです。
衛生管理さえきちんとしていれば問題はない。そう思う方もいらっしゃるでしょう。
理性で考えるならばその通りです。また、体毛は「男らしさ」として認識される身体的特徴でもありますよね。
それでも中には「生理的にムダ毛を受け入れられない」と言う人物もいて、「体毛が生える」のが生理的な現象であると同時に、濃すぎる体毛を「受け入れがたい」と感じるのも生理的な現象というわけです。
どの意見も否定できないジレンマ。この「男心」を、あなたはどう思いますか?
千葉中央美容形成クリニックでは男性向けの医療脱毛をご提供しております。ムダ毛でお悩みの男性はぜひご相談ください。


ご相談、ご予約はお電話にて専門カウンセラーが対応させていただきます。(9:30~18:00)

tel