男性ならムダ毛の放置は自由?
 
胸毛やすね毛、そして頬やあご、口回りのひげは男性的な身体特徴のひとつです。
しかし、あまりにも毛量が多かったり長かったりすると、どんなに清潔にしていても周囲から嫌われる原因になりかねません。
初対面の相手にとって見た目はひととなりを判断する重要な材料ですから、「衛生的な印象を与える身だしなみ」は社会人にとって最低限のマナーだと考えるべきでしょう。
 

ひげは剃るものとは限らない。医療脱毛という選択肢

 
ひげは剃るものとは限らない。医療脱毛という選択肢
 
男性の身体には男性ホルモンが分泌されているため、女性とくらべて体毛が濃いという特徴があります。
特に顔の部分の体毛、ひげは毛根の活動が活発で、特に毛深い体質の男性では1日に何度もカミソリをあてなければ「青髭」状態になってしまうほどです。
近年のシェーバーは肌への負担を軽減する工夫が盛り込まれているので、そうした工夫で日々を乗り切っているという男性もいます。
とはいえ、ひげを剃る行為は肌のキメを乱し、ダメージを蓄積させることは間違いないのです。
また、生涯を通してひげ剃りに費やす時間を累積して計算すれば1時間や2時間では済まないはず。
 

医療脱毛でひげ剃りの負担を減らす

 
医療脱毛でひげ剃りの負担を減らす
 
膨大な時間、費用のコスト、肌へかける負担を断ち切る方法が1つだけあります。
それが「医療脱毛」です。専用のレーザー機器で毛根を破壊すれば、処理の終わった毛根からはもうひげが生えてこなくなります。
カミソリ負けの心配も、朝の忙しい時間にひげをあたらなければならないわずらわしさも、定期的にカミソリを購入したり、手入れしたりする手間もなくなるのです。
 
医療脱毛は美容医療の領域に含まれる技術のひとつ。女性のためのものと思われるかもしれませんが、近年ではご家族そろって施術を受ける男性も増えています。
毛深さで悩んでいる男性。カミソリ負けを煩わしく思っている男性。毎日のひげ剃りを負担に思っている男性。心当たりがおありの方は、ぜひ一度当院にご相談いただきたいと思います。


ご相談、ご予約はお電話にて専門カウンセラーが対応させていただきます。(9:30~18:00)

tel