男性のムダ毛コンプレックスにはいろんな方向性がある

男性のムダ毛コンプレックスにはいろんな方向性がある
女性の場合、ムダ毛によるコンプレックスはおおむねひとつの方向に向かっています。
「ムダ毛を見られたくない」「ムダ毛をなくしたい」
そう考えている女性がほとんどでしょう。
しかし、男性についてはわけが違います。
男性に見られるムダ毛コンプレックスには多様な方向性があるのです。
その方向性によって、医療脱毛を検討する人物、むしろ増毛できないかと悩む人物といったムダ毛に対する意識の乖離が生まれます。

男性にとってムダ毛は「男らしさ」のアイコン

男性にとってムダ毛は「男らしさ」のアイコン
ムダ毛は「男らしさ」を象徴する要素です。
肯定的に捉える男性が多いのも事実ではありますが、過剰に濃い体毛、衛生ケアが不十分な体毛、長さなどを全くコントロールされていない体毛は周囲に不快感を与えます。
本人にとってのコンプレックスになるのも当然で、だからこそ、男性の大多数は社会生活を送るために日々髭剃りなどのケアを欠かさないわけです。

体毛の濃さは男性であっても人それぞれですよね。
「自分は他人よりムダ毛が濃い」
「もしかしたら周囲に嫌がられているかもしれない」
「女性からムダ毛で敬遠されているような気がする」
と思うほど体毛が濃い男性は、一度、全身のムダ毛をコントロールすることを考えてみてはいかがでしょうか。
ムダ毛が生えてくる部位、もう生やさない部位、医療脱毛ならそのコントロールが可能です。


ご相談、ご予約はお電話にて専門カウンセラーが対応させていただきます。(9:30~18:00)

tel