電話する メール相談 カウンセリング予約

ザガーロカプセル

  • 採用情報

未成年の方へ

  • メール相談
  • カウンセリング予約
  • 美ブログ
  • 刺青タトゥー消すサイト
  • 傷跡修正
  • 切らないで治すわきが・多汗症治療
  • 「婦人科形成」専門サイト
  • 自然で魅力的な目もとに。目もと治療クリニック
  • 千葉でレーザー脱毛クリニック 脱毛サイト
  • 千葉でひげ脱毛 メンズ脱毛
  • 「薄毛・抜け毛」専門サイト

ザガーロカプセルについて

ザガーロカプセルはAGA(男性型脱毛症)の治療に用いられる内服薬です。まずはザガーロカプセルの特徴についてお伝えします。

ザガーロカプセルの有効成分は「デュタステリド」

ザガーロカプセルの有効成分は「デュタステリド」です。デュタステリドにはAGA発症のきっかけとなる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の発生を抑える働きがあり、毎日服用することでAGAの進行を阻害することができます。

プロペシア錠に次ぐ第二のAGA治療薬

プロペシア錠(フィナステリド)やザガーロカプセル(デュタステリド)は、世界中で薄毛治療薬として認知されています。はじめに開発されたのがプロペシア錠で、その次がザガーロカプセルです。ザガーロカプセルはプロペシア錠に比べて半減期(薬の血中濃度が半分になるまでの期間)が長く、その分長期間の効果が期待できるといわれています。そのため、プロペシア錠で効かない場合はザガーロカプセルに切り替えることもあります。もちろん薬の効き目には個人差があるため、全ての方にザガーロカプセルが適しているというわけではありません。なお、ザガーロカプセルの半減期は2週間ほどですが、プロペシア錠の半減期は服用後6〜8時間となります。

もともとは前立腺肥大症の薬として普及

ザガーロカプセルはもともと前立腺肥大症の薬として開発されました。前立腺肥大症の患者へ投与したところ、薄毛の改善にも効果が見られたため、AGA治療薬としての開発がスタートしたのです。現在、ザガーロカプセルはAGA治療薬として世界中で使用されています。

そもそもAGAとは

ザガーロカプセルはAGAの改善に効果が見込まれる治療薬ですが、そもそもAGAとはどのような症状のことを指すのでしょうか。AGAの特徴やメカニズムについてお伝えします。

進行性の脱毛症で頭頂部や前髪の生え際のM字部分が薄くなる

AGAの特徴は進行性の脱毛症ということです。また、髪の毛の抜け方にも特徴があり、頭頂部や前髪の生え際(M字部分)から薄くなっていきます。例えば円形脱毛症などは自然治癒することが多く治療が必要ないケースもありますが、AGAは治療しなければどんどん薄毛が進行してしまうのです。最終的には側頭部と後頭部の髪の毛を残し、他の部分は全て抜け落ちてしまいます。そのため、AGAを発症したらできるだけ早く治療を開始することが重要です。

AGAの仕組み・メカニズムについて

AGAは悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」が発生することがきっかけで生じます。男性の健康的な心と体の状態に欠かせない「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが、還元酵素「5αリダクターゼ」と結びつくことで「ジヒドロテストステロン」が発生してしまうのです。このジヒドロテストステロンには、髪の毛の成長に関係する毛母細胞の働きを阻害する作用があり、髪の毛が十分成長しないうちに抜け落ちてしまいます。これがAGAが起こる仕組みです。

AGA治療薬によって進行を抑えることが可能

AGAは自力では進行を止められません。治療をしなければゆっくりと症状が悪化してしまいます。しかし、ザガーロカプセルをはじめとするAGA治療薬によって、進行を食い止めることが可能です。日本ではザガーロカプセルの他に「プロペシア錠(フィナステリド)」や「ミノキシジル」などがAGA治療に用いられています。ミノキシジルには内服薬と外用薬(塗り薬)があり、外用薬はザガーロカプセルやプロペシア錠との併用が可能です。同時に使用することでより高い治療効果が期待できます。

ザガーロカプセルの作用と効果

ザガーロカプセルがどのようにAGAに働きかけるのか、作用機序について見ていきましょう。

ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を抑制する

ザガーロカプセルにはジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるため、AGAの進行を食い止めることができます。テストステロンが還元酵素5αリダクターゼと結合することでジヒドロテストステロンが生成されますが、ザガーロカプセルには5αリダクターゼの働きを抑える作用があるため、ジヒドロテストステロンの生成が阻害されるのです。その結果、ジヒドロテストステロンが生成されなくなり、AGAの進行を抑えることができます。

作用するタイプは「5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型」

AGA発症に関わる5αリダクターゼには、Ⅰ型とⅡ型の2つのタイプがあります。ザガーロカプセルは両方の5αリダクターゼに働きかけるため、高い治療効果が期待できるのです。なお、プロペシア錠は5αリダクターゼⅡ型にのみ作用するため、ザガーロカプセルに比べると適応される患者様は限られてしまいます。
ただし、ザガーロカプセルを使用したからといって全ての患者様のAGAが改善するわけではありません。薬が効かない場合はHARG+®療法のような注射による治療を行ったり、プロペシア錠を処方したりするケースがあります。

半年〜1年程度で効果を感じ始めることもあるが、なかなか効果がでないケースも

ザガーロカプセルは早い方で半年ほど、一般的には1年程度で効果が現れるといわれています。しかし、なかなか効果が現れずにAGA治療を諦めてしまう方も多いです。用法・用量を守って正しく服用することは大前提ですが、それでも効果が見られない場合は治療方法が合っていない可能性があるため、早めにクリニックに相談する必要があります。

注射による治療(HARG+®療法)と組み合わせると効果的

AGA治療は内服薬や外用薬による治療をメインにしているクリニックが多いですが、注射によるHARG+®療法を受けられるクリニックもあります。HARG+®療法は、頭皮に直接有効成分を注入する治療で、ダイレクトに成分を届けられるため高い治療効果が期待できます。また、ザガーロカプセルと併用することでさらに高い効果が見込まれます。内服薬だけでは抜け毛が減らない、服用後半年経っても効果なしといった方にはHARG+®療法がおすすめです。もちろん、HARG+®療法だけでも発毛効果は期待できるため、毎日薬を服用するのは大変といった方は、1ヶ月に1回のHARG+®療法に切り替えるのもよいでしょう。ただし、HARG+®療法は限られた医療機関でしか取り扱いがなく、どこのクリニックでも受けられるわけではありません。当院ではHARG+®療法を行っておりますので、抜け毛が止まらないとお悩みの方は当院までご相談ください。

施術の流れ

カウンセリング~診察

患者様のお悩みやご希望をお伺いし、頭髪の状態を拝見いたします。施術方法を決定した上で治療費用のお見積りをいたします。

処方

ザガーロカプセルを処方いたします。

次回ご予約

ザガーロカプセルは毎日服用いただくお薬のため、お薬がなくなる頃に再度受診いただきます。

施術詳細

施術詳細についてお伝えします。

服用後の経過

ザガーロカプセルの効果を感じるまでの期間は上記の通りです。半年〜1年ほどで効果を感じられることが多いため、最低でも半年は継続して服用しましょう。1年以上経過しても効果を感じにくい場合は、ザガーロカプセルが合っていない可能性があります。その場合は他の治療薬を処方するか、HARG+®療法に切り替えることもあるため、早めに当院までご相談ください。

服用方法

ザガーロカプセルの飲み方は1日1回1錠です。いつ飲むかの指定はありませんが、飲み忘れを防ぐために飲む時間は決めておきましょう。ただし、アルコールと同時に摂取することで肝臓への負担が大きくなるため、できれば夕食後の服用は避けてください。また、2日に一回(一日おき)服用するなど、自己判断で服用方法を変えないようにしましょう。

副作用・リスク

  1%以上 1%未満 頻度不明
*過敏症   発疹 蕁麻疹、アレルギー反応、瘙痒症、限局性浮腫、血管性浮腫
精神神経系   頭痛、抑うつ気分 浮動性めまい、味覚異常
生殖系及び乳房障害 性機能不全(リビドー減退、勃起不全、射精障害)注) 乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感) 精巣痛、精巣腫脹
皮膚     脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症
消化器   腹部不快感 腹痛、下痢
その他     倦怠感、血中CK増加

注)投与中止後も持続したとの報告がある。

ザガーロカプセルの副作用には上記のような症状が挙げられます。副作用の発生する確率自体はそれほど高くありませんが、性欲の低下やEDなど、男性機能に関する副作用は比較的多いといえるでしょう。他にも重大な副作用として肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明)があります。

注意点

  • ザガーロカプセルの効果を実感するためには半年以上継続して服用してください。
  • ザガーロカプセル服用中は献血ができません。服用を中止しても成分が体外に排出されるまでに12〜20週間程度かかり、数値が正常に戻るまでは半年ほどかかるといわれています。献血をする場合はこれらの日数を考慮しなければならないため、早めに医師にご相談ください。
  • ザガーロカプセルを服用中に前立腺がんの検査を受ける場合は必ず医師に報告してください。検査で測定する数値に影響を与える可能性があるためです。
  • 20歳未満はザガーロカプセル服用の安全性が確認されていません。
  • ザガーロカプセルの主成分デュタステリドは経皮吸収される成分です。妊娠中または妊娠の可能性のある女性が触ると、お腹の中の男性胎児の生殖器官の形成に悪影響を及ぼす可能性があります。そのため、妊婦は絶対に触れないようにしましょう。なお、ザガーロカプセルはコーティングされているため通常の取り扱いでは問題ありませんが、割ったり砕いたりすることで経皮吸収されてしまいます。

施術を受けられない人

  • ザガーロカプセルに対して過敏症や既往歴のある方
  • 妊娠中または妊娠の可能性のある方
  • 授乳中の方
  • 20歳未満の方
  • 肝機能に重度の障害がある方

料金

施術内容 料金 備考
診察料 初診 5,500円  
再診・再処方料 0円  
ザガーロ
(抜け毛治療)
1か月分30錠 11,000円  
ザガーロ
(ジェネリック)
1か月分30錠 6,600円  
HARG終了後30錠 5,940円  

※表示価格は全て税込価格となっています。
※料金は予告なく変更する場合がございます。

ザガーロカプセルのよくある質問

ザガーロカプセルの服用で注意すべき飲み合わせはありますか?
CYP3A4阻害作用のある薬剤(リトナビル等)
上記の薬を服用中の方は、ザガーロカプセルの服用ができない可能性があります。必ず診察時に医師にお申し出ください。
ザガーロカプセルは個人輸入の通販サイトで購入しても問題ないですか?
ザガーロカプセルは医師の診断・処方が必要な薬です。そのためクリニックでしか取り扱っておらず、他の入手方法はありません。しかし、個人輸入の通販サイトでは海外で手に入れた薬を日本で販売している場合があります。低価格の場合が多いため、利用したいと思われる方も大勢いらっしゃるでしょう。しかし、個人輸入の通販サイトで取り扱われている薬には偽物が多く、有効性が確認できないばかりか重篤な副作用が生じる危険性があるのです。そのため、値段が安いからといって安易に手を出すのは賢明ではありません。万が一個人輸入の通販サイトで手に入れた薬を服用して副作用が生じても、医薬品副作用被害救済制度は適用されず、副作用が原因で生じた治療費や入院費などは全て自己負担になってしまいます。安心してAGA治療を行うためにも、ザガーロカプセルは必ずクリニックで処方してもらいましょう。
プロペシア錠とザガーロカプセルの違いを教えてください。
プロペシア錠とザガーロカプセルはどちらもAGA治療に用いられる内服薬ですが、働きかける還元酵素の種類が異なります。プロペシア錠は「5αリダクターゼⅡ型」の1種類、ザガーロカプセルは「5αリダクターゼⅠ型・Ⅱ型」の2種類です。どちらの5αリダクターゼが多く存在しているかは患者様によって異なりますが、ザガーロカプセルは両方にアプローチするためより多くの患者様に適しているといえます。また、ザガーロカプセルはプロペシア錠に比べて血液中に長くとどまる性質を持っているため、効果が長期間継続するのも特徴です。これらの違いから、ザガーロカプセルはプロペシア錠よりも高い効果が見込まれます。ただし、お一人おひとり体質や症状は異なるため、全ての患者様にザガーロカプセルが最適とは言い切れません。ザガーロカプセルが合わない場合は、プロペシア錠を処方したりHARG+®療法に切り替えたりして、患者様にとって最適な治療方法を探していきます。
ザガーロカプセルの効果はいつから感じられますか?
ザガーロカプセルは服用後半年〜1年ほどで効果を実感される方が多いです。服用後すぐに髪の毛が生える薬ではないため、継続して使用する必要があります。ただし、毎日きちんと服用していても効果が現れにくいケースもあります。その場合は別の内服薬(プロペシア錠など)を処方したり、注射による治療(HARG+®療法)に切り替えたりすることで効果を実感される方も多いため、ザガーロカプセルで効果を感じられない場合は当院までご相談ください。
ザガーロカプセルの0.1mgと0.5mgの違いを教えてください。
ザガーロカプセルには0.1mgと0.5mgがありますが、副作用の発現率はほとんど同じです。そのため、発毛効果が高いとされる0.5mgを処方されることが多いでしょう。
ザガーロカプセルが効かなくなった場合どうすればいいですか?
ザガーロカプセルが効かなくなったといって当院にご来院される患者様は多いです。当院では頭皮に直接有効成分を注入するHARG+®療法を推奨しており、ザガーロカプセルで効果が出ない方にもご提案しております。内服薬では効果が出なかったけれど、HARG+®療法では効果を感じられたという患者様も多くいらっしゃいますので、まずはお気軽に当院までご相談ください。
ザガーロカプセルなどの内服薬治療とHARG+®療法などの注射による治療ではどっちのほうが効果的ですか?
AGA治療にはさまざまな種類があり、どれがいいかは患者様によって異なります。内服薬による治療、注射による治療、どちらにもメリット・デメリットがあるため、一概にはお答えできません。毎日コツコツ続けられる場合は内服薬による治療が適していますし、内服薬による副作用が心配な場合はHARG+®療法がよいでしょう。また、治療効果が出るかは治療を行ってみないとわからない部分があります。当院には、他院で内服薬を処方されたけれど効果が出なかったといってご来院される患者様も多く、その場合にはHARG+®療法をおすすめしております。HARG+®療法は限られたクリニックでしか受けられないため、薄毛にお悩みの方は内服薬の処方・HARG+®療法のどちらもお受けいただける当院までご相談ください。

本ページ監修医師

医療法人社団 美星会
千葉中央美容形成クリニック
総院長  西谷 直輝 総院長のプロフィール

経歴

2000年 東邦大学医学部 卒業
2000年 国家公務員共済組合連合会 虎の門病院勤務
2004年 品川美容外科 入職
2007年 品川美容外科 鹿児島院院長 就任
2012年 品川美容外科 川崎院院長 就任
2013年 オザキクリニック 新宿院院長 就任
2013年 Kanac美容外科皮膚科クリニック 院長 就任
2014年 中央クリニック 入職
2015年 千葉中央美容形成クリニック 開設
2018年 医療法人社団 美星会 理事長 就任
2020年 医療法人社団 美星会 東京表参道BeLumiクリニック 開設

資格・所属学会

日本美容外科学会
日本美容皮膚科学会
日本医学脱毛学会
日本先進医療医師会
アラガン社ボトックス、ヒアルロン酸施術資格
サーマクール認定医
ウルセラ認定医
アルジェネス(ボタニカルフィラー)エキスパート(指導医)
日本医療毛髪再生研究会 理事

アクセス

千葉中央美容形成クリニック〒260-0015
千葉県千葉市中央区富士見2-2-3
吉田興業第一ビル 7F
JR千葉駅東口 徒歩1分
アクセスマップ

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP