電話する メール相談 カウンセリング予約
  • ホーム
  • クリニックポリシー
  • 院長紹介
  • 診療内容
  • 料金案内 お支払い方法
  • クリニック案内
  • アクセスマップ

院内処方でスムーズ
ピル外来

  • 看護師募集

未成年の方へ

  • 院長ブログ
  • メール相談
  • カウンセリング予約
  • 刺青タトゥー消すサイト
  • 傷跡修正
  • 切らないで治すわきが・多汗症治療
  • 「婦人科形成」専門サイト
  • 自然で魅力的な目もとに。目もと治療クリニック
  • 千葉でレーザー脱毛クリニック 脱毛サイト
  • 千葉でひげ脱毛 メンズ脱毛
  • 「薄毛・抜け毛」専門サイト

「婦人科形成」専門サイト

ピル外来

ピル専門外来だからスムーズで低価格での処方が可能!千葉中央美容形成クリニックでは、低用量ピル「マーべロン」、「トリキュラー」、アフターピル「ノルレボ」を院内処方しています。忙しい方も急に必要になった方もご来院から処方まで10~15分程度で処方致します。また、平日だけではなく、土・日・祝日も開院していますので、診療時間にいつでもお越しください。

ピルとは

ピルとは経口避妊薬で、避妊を目的とした飲み薬の通称です。日本では医師の処方が必要です。毎日服用することで、避妊が可能になります。纏めて服用しても効果はありません。

低用量ピルについて

低用量ピルは、ほぼ100%の避妊効果があるとされており、さまざまな副作用が大幅に軽減された、安全性の高い避妊薬です。女性が自らの意思で避妊を選択することができる薬です。
また、避妊効果だけではなく、生理痛の軽減、月経量の減少生理不順の改善などの効果もあります。また、ホルモンバランスが整うことで、生理前のニキビ等の改善効果もあります。

低容量ピルの避妊以外のメリット

特長1
月経痛の減少・出血量の減少
特長2
月経不順の改善・月経周期が規則正しくなる
特長3
ホルモンバランスの改善によるニキビ等の改善
特長4
子宮外妊娠の発症頻度低下、子宮内膜症、子宮体がん、
卵巣がん発症頻度低下

低用量ピルの種類

低用量ピルには、28日タイプと21日タイプの2種があります。本来ピルの服用が必要なのは21日間で、その後7日は服用しないで8日目に次のシートに移るサイクルを繰り返します。
この場合、服用する日としない日があると飲み忘れを起こす可能性が高くなります。
そこで、服用しなくてよい7日間は薬の成分が入っていないものを服用して、飲み忘れを防ぐ28日タイプが開発されたのです。当院では、28日タイプの低用量ピル「トリキュラー」「マーべロン」を取り扱っています。

服用方法

低用量ピルは1日1回1錠を、毎日同じ時間に服用することで、避妊が可能になります。当院で処方している28錠タイプの場合、生理の開始日から毎日決まった時間(飲み忘れしにくい時簡体帯)に1錠を28日間服用します。28日間全て服用されたら、翌日から新しいシートの服用を開始します。

  • 1日1回1錠を服用
  • 飲み忘れを防ぐために毎日決まった時間帯に服用

当院取扱の低用量ピル

当院では、2種類の低用量ピル、不正出血がしにくく、安定した周期を作りやすい「トリキュラー」、大人ニキビの治療や多毛症の改善にも期待できる「マーべロン」を取り扱っています。

  • マーべロン28(28日分)
  • トリキュラー錠28(28日分)

禁忌事項

下記の項目に該当する方は、低用量ピルを処方することができません。

35歳以上で1日15本以上タバコを吸う方
(血栓症や心筋梗塞などの重大な副作用を起こすリスクが高くなります)
血栓性静脈炎、肝塞栓またはその既住のある方
乳癌・子宮がんの方、または疑いがある方
脳血管・心血管系の異常のある方
肝機能障害のある方
高血圧・血栓症・心筋梗塞にかかったことがある方、またその疑いがある方 糖尿病・高脂血症の方
妊娠中の方、またはその可能性のある方、授乳中の方
最近手術をした、また手術の予定のある方

緊急避妊アフターピルについて

アフターピルは、急な出来事で十分に避妊ができず、望まない妊娠を避ける緊急措置として処方する避妊剤です。
千葉中央美容形成クリニックでは、「ノルレボ錠」を取り扱っています。
性交渉後72時間以内に「ルノレボ錠」1.5mgを1錠、1回服用します。吐き気や嘔吐の副作用がほとんどなく、避妊効果の高いアフターピルです。

※クリニックご来院時に服用していただきます。
ノルレボ錠1.5mg

《表》OC服用の慎重投与と禁忌

  禁忌(処方できない方)
年 齢 骨成長がまだ終了しいていない場合、初経発来前、50歳以上または閉経後
肥 満
喫 煙 35歳以上で1日15本以上
高血圧 高血圧症(軽度の高血圧を除く)
糖尿病 血管病変を伴う糖尿病
妊 娠 妊娠又は妊娠している可能性
産 褥 産後4週以内(WHOの基準によれば、非授乳婦は産後21日以降は可)
授 乳 授乳中(WHO基準によれば、6カ月以降は可)
手術等 手術前4週以内、術後2週以内、および長期間安静状態
心疾患 肺高血圧症又は心房細動の合併症、心臓弁膜症(亜急性細菌性心内膜炎の既往歴)
肝臓疾患 重篤な肝障害・肝腫瘍
片頭痛 前兆(閃輝暗点、星型閃光等)を伴う片頭痛
乳腺疾患 乳癌
血 栓 血栓症素因:深部静脈血栓症、血栓症静脈炎・肺塞栓症・脳血管障害・冠動脈疾患又はその既往歴
その他
過敏症素因
耳硬化症
エストロゲン依存性腫瘍(子宮筋腫を除く)
子宮頸癌およびその疑い
診断の確定していない異常性器出血
抗リン脂質抗体症候群・脂質代謝異常
妊娠中に黄疸・持続性瘙痒症又は妊娠ヘルペスの既往歴
C型肝炎治療薬(ヴィキラックス:オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル配合錠)服用中あるいは服用終了後2週間以内

※上記内容(禁忌:処方できない方)以外にも、慎重投与(処方できない場合がある方)がいらっしゃいますので、詳しくはクリニックまでお問い合わせください。

治療の流れ

カウンセリン・診察

しっかりとカウンセリングをし、問診を行います。不安な点、分からないことは何でもご相談ください。

処方

状態にあったピルを処方します。

料金表

施術内容 料金 備考
ピル マーべロン28
(28日分)
2,500円  
トリキュラー錠28
(28日分)
2,500円  
アフターピル(緊急避妊剤) ノルレボ錠1.5mg(1錠) 15,000円  

院長紹介

院長 西谷 直輝
院長のプロフィール

アクセス

千葉中央美容形成クリニック千葉県千葉市中央区富士見2-2-3
吉田興業第一ビル 7F
(大和証券ビル7F)
JR千葉駅東口 徒歩1分
アクセスマップ

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP